美容医療賠償責任保険のご案内

1事故限度額 1,000万円、10月15日取扱開始!

Ⅰ.美容医療に携わる医師に必要な保険とは

 

以下の項目に思い当たる方には、当社の保険が役に立ちます。

施術の出来栄えが要求されるのが美容医療だと思う。
美容医療は一般治療(病気けが)と異なり説明不足が原因でトラブルになりがちだ。
美容医療では小さなことがクレームに発展すると思う。
クレームのせいで多くの時間を割かれたくない。
できるだけ速やかに弁護士委任ができるといいと思う。
 
           ****************

 当社が弁護士費用保険を作ったのには訳があります。
 ~ 弁護士委任(弁護士が代理人になる)が必要な大きな理由  ~ 

(1)弁護士なら「法的に実効性ある解決方法」を提供できます!
・当社の弁護士費用保険では医師(クリニック・病院)の医療ミスの有無が不明な場合でも弁護士委任が可能で、これにより患者の矢面に医師が長期間立たねばならないという精神的負担を軽減できます。
(2)医師は患者の同意(承諾)なしに患者情報を含んだ事故報告ができません!
弁護士は医師の代理人となるので、患者情報(カルテなどの詳細)を確認しながら患者への対応が可能です。
患者情報(氏名、電話番号、施術内容はセンシティブな個人情報)を含んだ事故報告を保険会社に行う行為 ⇒ 患者の秘密を漏らしてよい「正当な理由」に該当しない ⇒ 守秘義務違反となり刑法134条の秘密漏示罪となります。
当社では事故受付シートを2種類用意「患者の同意(承諾)がある場合」と「患者の同意(承諾)がない場合」があります。
LinkIcon 事故受付シート 同意書あり20200501.pdf LinkIcon 事故受付シート 同意書なし20200501.pdf 
 
参考)刑法134条
「医師、薬剤師・・・これらの職にあった者が正当な理由がないのに、その業務上取り扱ったことについて、知り得た人の秘密を漏らしたときは、6月以下の懲役又は10万円以下の罰金に処する」
           **************
 

①医師会や大手損保の医師賠償保険では、美容医療事故は補償されません

■医師・歯科医師の皆様におかれましては、万が一の医療ミスに備えるために①日本医師会の医師賠償責任保険制度や②大手損保の医師賠償責任保険(略称:医師賠)にご加入されているケースが多いと思われます。
■しかしながら、上記の①医師会の医師賠償責任保険制度や②大手損保の医師賠償責任保険では “美容を唯一の目的とする医療行為は補償の対象外” と約款で規定されています。
■美容医療(美容外科・美容皮膚科・審美歯科など)も医療行為であるにもかかわらず、いわば補償範囲に”穴”が空いている状況で、カバーする保険が存在していませんでしたが、当社は2015年12月に金融当局の認可を得て「美容医療に特化した日本初の保険商品(賠償保険+弁護士費用保険)」を発売しました。

②美容医療のトラブルが増加しています

■近年の美容医療(美容外科、美容皮膚科など)の進歩と発展は目覚ましいものがあります。特に我が国では「プチ整形」と称して、顔面を中心にした比較的手軽に行うことのできる美容医療施術が広まっています。
■しかしながら、美容医療の発展に伴い消費者からの苦情も増える状況にあります。また、近年はインターネット上のブログやSNSの発達に伴い、情報が拡散する傾向にあります。例えば「美容整形 失敗」や「美容整形 トラブル」などで検索すると、消費者からの苦情や情報がインターネット上に数多く掲載されています。
■また「美容整形 失敗」「美容整形 トラブル」のインターネットへの書き込みに対する「法律相談」のサイトも多数掲載されており、消費者としても簡単にあきらめない時代に入っていると考えられます。
「美容整形で失敗した!」との主張は、消費者の主観的なクレームによるところも多いのではないかと思いますが、そのような賠償責任のない苦情であっても、対応には多くの時間と労力がかかることは言うまでもありません。

③当社の美容医療賠償責任保険のメリット

 ■いったん事故やクレームが発生すれば、医師・歯科医師の皆様は多かれ少なかれ患者様と直接関わらなければなりませんが、「一つのクレームでどのくらいの期間関わらないといけないだろうか?」と当社は考えました。
■発売以来、当社の過去の事故の解決実績は事故発生から解決まで平均200日です。仮に保険がなければ、200日間、皆様は患者様のクレームと向き合わねばなりません。
■そこで当社は、施術に関する言いがかり、単なるクレームでも弁護士相談・委任ができたらどれだけ皆様の時間と精神的負担を軽減できるだろうかと考えました。医療のミスの有無が明確(明確になるまでに多くの時間、2~3ヶ月を要する場合もあり)になる前に、弁護士委任ができればどれだけ皆様のお役に立つだろうかと…。
■当社の美容医療賠償責任保険は、施術に関する言いがかり、単なるクレームでも弁護士相談・委任が可能ですし、もちろん、医療ミスの有無が明らかになる前であっても弁護士委任が可能ですので、必ずや皆様のお役に立つものと考えています。
  LinkIcon  詳細はこちら


Ⅱ.この保険の特長

①賠償責任保険 … 経済的なご負担を軽減します。


■美容医療行為に従事した方(※1)の過失により患者様へ損害を与えた場合に、法律上の損害賠償に対する賠償責任保険金をお支払します。
(※1)医師・歯科医師のみならず、医師・歯科医師の監督下で美容医療行為に従事する 看護師や歯科衛生士(国家資格を有する方)が行った施術もこの賠償保険の対象となります。
■賠償責任保険には、1事故限度額が100万円・300万円・1,000万円(いずれも免責金額10万円)、年間限度額が300万円・1,000万円、の補償プランがあります。<2019年10月15日責任開始契約より>
LinkIcon  補償プラン表
LinkIcon  賠償責任保険についての詳細はこちら

②弁護士費用保険 … 時間的・心理的なご負担を軽減します


■この保険には弁護士費用保険がセットされています。
■弁護士費用は1回の事故につき賠償責任保険金とは別に100万円限度に補償します。(1事故限度額100万円・300万円コースの場合)。1事故限度額1,000万円コースの場合は賠償責任保険金と弁護士費用保険金を合わせて1,000万円が限度となります。
LinkIcon  補償プラン表
■損害賠償の交渉だけでなく、法的な損害賠償責任がない苦情(※)に対しても、弁護士相談や弁護士委任の費用をお支払します。
(※)例えば、施術の出来栄えに対する苦情など、賠償責任があるか不明の事案であっても、弁護士費用保険が対象となります。患者さまとの対応で苦労される事案につきましては早急に相談、委任をしていただくことが可能です。
LinkIcon  弁護士費用保険の詳細はこちら


③無記名式の保険契約 … 加入時の書類作成のわずらわしさを軽減します。


■この保険はクリニック単位でのご契約となり、医師・歯科医師の人数を申告していただくだけで結構です。
■保険申込書に医師・歯科医師全員の住所氏名を記入する必要はありません。
■医師一人ひとりに保険をつけるのではなく、クリニックに従事する医師の『年間を通しての1日における最大人数』に対して保険をつけていただきます。従って、 ローテーション勤務の場合には、在籍医師全員の人数でなくても保険でカバーできることがあります。(例:『クリニックに在籍する医師の総数は4名だが、毎日1名ずつ交代勤務する』のであれば、1名分の保険料でカバーできることとなります。)
■人数のご申告方法は「医師数確認シート」をお読みください。(下記の「詳細はこちら」をご覧ください。)
LinkIcon  無記名式の詳細はこちら 

Ⅲ.この保険の安全性

再保険会社への出再により、保険金支払の安全性を確保しています。


お客さまからお預かりした保険料は 大手再保険会社(※)に出 し、万が一高額なお支払が発生しても確実にお支払できる態勢を整えています。
 
(※)当再保険会社は、保険財務格付け「A」を、格付け機関であるA.M.ベスト社およびStandard&Poor's社より取得しています。
LinkIcon  詳細はこちら

Ⅳ.美容医療賠償責任保険ニュース

■最近のご質問に対する回答や美容医療に関するトピックスなどを掲載しました。
LinkIcon  詳細はこちら New 第10号(改定) タトゥー判決の動向


 

ニュースリリース

2019年度


2019年10月15日
1事故1,000万円コースを新設しました。
・お客様の高額補償に対する要望にお応えして、今まで最高だった800万円コースを1,000万円コースにグレードアップしました。
保険料は従来の800万円コースと同額です。
詳しくはこちら LinkIcon  補償プラン表
 
2019年6月4日
乳房増大のためのアクアフィリングの使用に関するご注意(続報)
・アクアフィリング(現商品名:ロスデライン)使用について、警告の新聞記事が掲載されました。
豊胸向けの許可は受けていないことが明記されています。
弊社の美容医療賠償責任保険のお支払い対象外であることに、改めてご注意ください。
詳しくはこちらLinkIcon アクアフィリング記事.pdf
 
2018年度


2018年12月7日
乳房増大のためのアクアフィリングの使用に関するご注意
アクアフィリングを使用した豊胸術による医療事故については、弊社の「美容医療賠償責任保険(賠償保険金、弁護士費用保険金とも)」のお支払対象とはなりません
詳しくはこちらLinkIcon アクアフィリングの使用に関するご注意.pdf
 
2017年度


 2018年2月8日
不適切なウェブサイトを掲載した医療機関に、厚労省が改善通知。
・2017年8月から始まったネットパトロールにより、112の医療機関のウェブサイトに不適切な記載があることが判明しました。
詳しくはこちらLinkIcon 美医賠責ニュース第9号 .pdf
 


 
LinkIcon  ニュース一覧

契約者さま         専用サイト


・ご契約内容は、契約者さま専用サイトからご確認いただけます。
LinkIcon  契約者さま専用サイトはこちら

代理店さま         専用サイト


・美容医療における各種施術方法、約款、お役立ち情報などは、代理店さま専用サイトをご覧ください。
LinkIcon  代理店さま専用サイトはこちら